ミュージカル劇団レチラボとは?

2010年にミュージカル重唱を楽しむクラスとして発足した団体が時を経て2015年に社会人のためのミュージカル劇団Castaliaとして旗揚げしました。
この時に、社会人劇団ではなく、プロのミュージカル劇団としてやっていきたいという意見も少数ながらありました。

ただ、その時点ではまだリソースが十分でなかったことなどから、プロ劇団の発足は一旦見送られました。

その後。

劇団イッツフォーリーズや音楽座、劇団四季などメジャー劇団の元団員やプロのミュージカル俳優、メジャーアーティストなどへのボイストレーニングを専門に行なっているボイストレーナーなどの素晴らしい指導陣を迎え、また自前の稽古場をもつことができ、ついにプロのミュージカル劇団として劇団を旗揚げしようということになったのが2019年。

そして2020年。

満を辞して、本格的な日本のオリジナルミュージカルを公演する劇団として、
劇団レチラボ
が旗揚げします。

ミュージカル劇団レチラボの特徴

日本にはたくさんの劇団がありますが、ミュージカル劇団となるとその数は極端に減ります。
歌って踊って芝居をする。ミュージカル俳優はこの全てをバランスよくできなくてはいけません。
そして、劇団として公演するには、ストレートの芝居ように「脚本」だけではなく、俳優が歌う「音楽」が必要になってきます。
ストレートの芝居をやるよりもなかなかにハードルが高いのです。

けれど、劇団レチラボはそのハードルをなんとか乗り越えて、難しいと言われる和製オリジナルミュージカルの制作と継続的な公演を行うことを信念として、2020年に旗揚げします。

ミュージカル劇団として存続していくために

当たり前ですが、劇団として存続していくためには「脚本の質」「音楽の質」「役者の質」が高くなくてはいけません。

役者の質を高めるために、各劇団稽古に尋常ならざる時間と労力を割いているわけですが、劇団レチラボもこのミュージカル俳優を育てるというところを大切にしています。

共にオリジナルミュージカルを広めるために作品を愛し、第一期生として劇団を盛り上げ、ミュージカルという職業に誇りと情熱を持って精進することの出来る人材を求めています。

ミュージカル俳優を育てるための育成型劇団

ミュージカル俳優に必要な「歌唱力」「ダンス力」「演技力」をこの劇団では徹底的に磨き上げていきます。そのために、実力派の指導者を揃えました。

劇団レチラボであなたの夢にチャレンジしてみませんか?

劇団レチラボについてより詳しく知りたい方は、下記より資料を請求してください。

郵送orメールにてPDFファイルを受信(必須)
   郵送PDF